研究」カテゴリーアーカイブ

ボニー式GIM体験者、事例研究参加者募集(2019年度)

昨年度に引き続き、名古屋音楽大学音楽療法コース准教授として、ボニー式音楽とイメージ誘導法 (ボニー式GIM)の効果について事例研究を実施することにしました。

ボニー式GIMとは、対象者が非日常意識状態(リラックス状態、または意識の集中した状態)で西洋音楽やリラクセーション音楽を聴きながら、イメージを自然に思い浮かべ、それについてセラピストと対話することにより自己洞察を深める音楽療法の手法で、世界中で実践、研究されています。

しかしながら日本人へのボニー式GIMを用いた事例研究はまだわずかで、事例研究を通してその効果について考察する必要があります。それにより、ボニー式GIMの日本人への治療効果に関する示唆が得られます。

そこでこのボニー式GIMの事例研究に参加される方を募集します。対象は、自分の内面をボニー式GIMを通して探求してみたい成人です。今回も精神科病院で何らかの診断を受けたことのある人は、ご参加いただけません。また日本語による話し合いを通したコミュニケーション能力を持っている方が対象になります。

私は、現在ボニー式GIMの実践家になる為のトレーニングを受けている段階で、私が一人でボニー式GIMは実践できません。この実践はトレーニングの一部である練習セッションと兼ねて行われ、その過程はボニー式GIMの実践家であるスーパーバイザーの指導のもとに行われます。その為、実践の過程で明らかになることは、このスーパーバイザーとも共有されます。

参加される方には6回から10回程度の、継続的なボニー式GIMを受けて頂きます。1回あたり90分から120分のセッションで2週間に一回の頻度で行われます。場所は名古屋音楽大学の私の研究室を用います。そしてこの経過や結果を事例研究論文としてまとめます。

事例研究に参加されるのに、次の項目について十分にご理解いただいた上でご参加頂きます。
• この事例研究への参加は、参加される方の自由であること
• この事例研究に参加するのは無料で、お金や相当の対価を求められないこと
• この事例研究には、精神科病院で何らかの診断を受けた人は参加できないこと
• 事例研究としてまとめるのにプライバシーについて最大限に配慮されるが、その過程で明らかになること(例、年齢、性別または性的指向、GIM治療要素の経験の有無、研究参加動機、生育歴、治療プロセスで明らかにされること、など)が含まれる可能性があること
• ボニー式GIMへの参加過程で、難しい感情や不快さを体験する可能性があること
• 事例研究が出版される前に内容を確認し、何度でも訂正を求められること
• 途中で事例研究への参加をいつでも、やめることができること
• 途中で事例研究への参加をやめることに対する補償はないこと
• 途中で事例研究への参加をやめた方のデータは破棄され、研究として一切使われないこと
• 途中で事例研究への参加をやめることで参加者に不利益が生じることはないこと

以上の内容を十分にご理解した上で、事例研究に参加していただける方は、別紙の同意書に署名と捺印をしていただきます。

なおこの調査研究は、2018年8月30日に名古屋音楽大学倫理委員会により審査され承認され、2019年度においても倫理委員会の承認を得ています。

もし事例研究にご協力いただける方は、下記の連絡先にご連絡ください。

また何かご不明な点などございましたら、お手数ですが下記連絡先までご連絡頂けますようお願い致します。皆さんのご協力に心より感謝申し上げます。

猪狩裕史(イガリユウジ)

yigari@meion.ac.jp

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

音楽療法に関する相談を受け付けます

こんにちは。音楽療法士の猪狩です。

2018年度は少し時間的な余裕があるので、様々な音楽療法に関する相談を受けようと思います。音楽療法の論文指導を受けたい、音楽療法に関する相談(実践に関する悩み、音楽療法プログラム導入や拡大の相談、など)をしたいという人を募集します。単発でも長期にわたるものでも可能です。基本的にはスカイプを使用した論文指導や相談になります。詳しくは下記をご覧いただき、興味のある方は下記のフォームからご連絡ください。

  • 場所:オンライン(スカイプ使用)
  • 日時:相談に応じますが、基本的には夜間か週末になります。
  • 料金:5,000円(30分)

なお私については、プロフィールのページからご覧いただけます。

これを機会に音楽療法の実践も行いたいと思っていましたが、環境が整わず今回は見送りました。またそのような環境が整ったらお知らせします。

良い導きがありますように。

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加


日本で音楽療法博士になれます(You can earn American Ph D in Music Therapy in Japan!)

久しぶりの投稿です。

突然ですが、日本でも音楽療法の博士号を取得することが可能ということはご存知でしたか?

Did you know that you can earn Ph D in Music Therapy in Japan?

アメリカにおいて数多くの著名な音楽療法実践家、理論家、研究者を輩出している音楽療法の名門校テンプル大学という学校がペンシルベニア州のフィラデルフィア市にあります。この大学には、日本校があります。

Temple University, prestigious school in American music therapy that created many fine music therapy practitioners, theorists and researchers, has a branch in Tokyo Japan.  And they are launching the Ph D course in Music Therapy at Temple University Japan (as know as TUJ).  Please refere to the link below for the actual information.

http://www.temple.edu/boyer/academicprograms/music-therapy/index.asp#PhDMT

そしてこの度、そのテンプル大学日本校において、音楽療法の博士号課程が提供されることになりました。音楽療法博士号課程にある授業が取れるというレベルではなく、博士号課程そのものが提供されるということです。つまり日本に居ながらにして、テンプル大学本校と全く同じ教育が受けられ、修了後には博士号を取得できるということです。教員もフィラデルフィアの本校から派遣されて来ます。

札幌で先日行われた日本音楽療法学会に参加された方は、要旨集裏表紙の裏面の広告を見てご存知の方もいらっしゃるかもしれません。詳しくは下記のリンクでご確認ください。

http://www.temple.edu/boyer/academicprograms/music-therapy/index.asp#PhDMT

とは言え、教員は本校での指導もありますので、この博士号課程は集中講義とオンラインによる指導という形態をとります。これは実際にこれまでもフィラデルフィアの本校において行われているもので、既に仕事のある人でも、こなせる様に配慮がなされた形になっています。

The Ph D courses consist with intensives and online learning, just as same as what they offer in Philadelphia main campus.  It is arranged in the way that those who have full time position can manage.

実は私はこの博士号課程に挑戦する予定です。アメリカに居る間に博士号の受験を終え合格していて、入学を延長していました。この日本校における博士号課程開講までの過程で、様々な助言をしてきました。その助言も叶い、集中講義は、出来るだけ仕事に穴を開けない様に、ゴールデンウィーク期間にして貰いました。下記のスケジュールで授業が行われます。

I am going to challenge this Ph D program.  I have been accepted to the program before I began my current job and have postponed the admission.

Below is the schedule of the courses offered during intensive, which I acquired from Dr. Dileo, the Coordinator PhD Program in Music Therapy.

テンプル大学日本校 Temple University Tokyo

2016年夏学期 音楽療法コース Music Therapy Courses offered Summer, 2016

音楽教育9641 (講師:デリオ博士、1単位)博士セミナー Music Education 9641 (Dileo 1 cr.) Doctoral Seminar

音楽教育8602 (講師:デリオ博士、3単位)量的研究 Music Education 8602 (Dileo 3 cr.) Quantitative Research

音楽教育8618 (講師:デリオ博士、2単位)音楽と医療:生物心理社会的基礎 Music Education 8618 (Dileo, 2 cr.) Music and Medicine: Biopsychosocial Foundations

授業時間:午前9時から午後4時まで Times for all classes are: 9:00 to 4:00

4月25日(月)から4月28日(木) 量的研究 (修士号博士号課程混合授業)

From Monday April 25​ to Thursday April 28​ Mus Ed 8602 Quantitative Research (Master’s or PhD students)

4月29日(金)から4月30日(土)音楽と医療 (修士号博士号課程混合授業)

From Friday April 29 to ​​Saturday April 30 Mus Ed 8618​Music and Medicine (Master’s or PhD Students)

​5月1日(日)博士号セミナー(博士号課程のみ)

On Sunday May 1 ​​Mus Ed 9641​Doctoral Seminar (PhD Students Only)

9641番のみ、博士号課程の授業で、他の二つは博士号課程の必修科目です。

これらのコースが開講されるには、一定数の受講が必要になります。もし興味があるという方は是非担当のデリオ博士に連絡を取ってみてください。cdileo@temple.edu

For these courses to be offereed, certain number of enrollment is needed.  I encourage you to contact Dr. Dileo if you are interested in the program.  It is a great opportunity for Asian music therapist to gain more expertise in music therapy while being close to home.   All the courses are offered in English.  Here is her email address.

cdileo@temple.edu

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加


日常の音楽聴取における美的鳥肌体験に関する研究 (Listening Between the Notes: Aesthetic Chills in Everyday Music Listening by E. C. Nusbaum, et. al)

卒論を書いている学生と音楽聴取というキーワードで文献を探していたところ、なかなか面白い研究を見つけたのでご紹介。
When assisting a senior student’s final project, we found an interesting article by the search term music listening.

この研究は、音楽がもたらす美的「鳥肌」体験 (aesthetic chills) について検証するものです。この研究の特徴は、音楽という因子を実験室の中で単独のものとしてその効果を測定するのではなく、日常の中の音楽鑑賞中にどのように美的「鳥肌」体験を経験しているか、そしてその時の状況(誰かと一緒か一人か)、その時の感情(嬉しい、悲しい、不安)、自分で選んだ音楽か、そしてその音楽を聞き入っていたかどうかということまで検証している点である。
This study investigates the effect of music on people’s “aesthetic chills.” What is unique in this study is that, instead of segregating music as one variable within in the artificial lab, the researchers investigated the musical effect of aesthetic chills in a participants’ daily setting. Other variables they took into consideration were the context(with others or alone) and emotional states(happy, sad, worried), as well as the music (own selection or not), and listening behavior (listening closely or not).

想像できることと思いますが、この調査の結果、美的鳥肌体験が起こる時は、嬉しいまたは悲しいといった感情(不安の時はない)を感じている時に、自分で選んだ曲を、聞き入っている時に、この美的鳥肌体験を経験する傾向が著しくあったということです。
As you might expect, the result showed that it is significantly more likely that people experience the aesthetic chills when they are listening to their own selected music closely in certain emotional states (happy or sad, not worried).

私はこの研究が好きなのは、音楽というものを語る上で、文脈というものを考慮に入れているところです。
I like this study because the researchers take the context into considerations in investigating the effect of music.

よかったら読んでみてください。
Enjoy reading it further if you like.

Nusbaum, E. C., Silvia, P. J., Beaty, R. E., Burgin, C. J., Hodges, D. A., Kwapil, T. R. (2014) Listening between the notes: Aesthetic chills in everyday music listening. Psychology of Aesthetics, Creativity, and the Arts, Vol 8(1), (pp. 104-109).
doi: http://dx.doi.org.lib-proxy.radford.edu/10.1037/a0034867

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加