月別アーカイブ: 2015年11月

A Hard Rain’s A-Gonna Fall (酷い雨が降り出しそう)

I heard this song,  “A Hard Rain’s A-Gonna Fall” by Bob Dylan in the first time in a long long time today on the radio (thanks to George Williams of “Ready Steady George!!”).  And I was moved by the powerful message of the song.

今日インターFMの “Ready Steady George”というラジオ番組で、本当に久しぶりにボブディランの “A Hard Rain’s A-Gonna Fall”という曲を聴きました。そしてこの歌の強いメッセージに心が打たれました。

I am not a poet.  So I don’t know the exact meaning of the song.  But I think I get the general ideas.  And the message is powerful to me.

私は詩人ではないので、この歌の正確な意味はわかりません。でもおおよその内容はわかります。そしてそのメッセージは私にとって、とても力強いものです。

The song begins like this

Oh, where have you been, my blue-eyed son?
And where have you been my darling young one?

この歌は次のような歌い出して始まります。

どこへ行ってたの 青い目の我が息子
どこへ行ってたの 私のかわいい子

And the song continues by the “blue-eyed son” describing the places he has been, the things he has seen and heard, people he has met.

そしてその青い目のかわいい子は、彼が行ってきた場所、見聞きしたもの、彼が出会った人々について語り出します。

And they all reflect the sad reality of the world.

そしてそれらは全てこの世界の悲しい現実でした。

And then he concludes the chorus by singing,

And it’s a hard, it’s a hard, it’s a hard, and it’s a hard
It’s a hard rain’s a-gonna fall. 

そしてその歌のサビを次のように締めくくるのです。

そして、強く、辛く、激しく、厳しい
酷い雨が降り出しそうだよ

I assume the song was written sometime in the 1960’s.  But the sad reality of the world has not changed much.

この曲は1960年代に書かれたものだと思いますが、ここで描かれている悲しい世界の現実というのは、あまり変わっていない気がします。

Listening to the song as a teenager back in 1980’s, I used to feel sad about the world that I was about to enter into.  Unfairness, injustice, loneliness, emptiness, hopelessness.  To me, these are the impression of the world that is described in the song.

まだ10代だった1980年代にこの曲を聴いて、自分がこれから暮らしていかなければならないこの世界のことを考えて、よく悲しい気持ちになりました。不公平、不正義、孤独、空虚、絶望。この歌の中で表現されている世界には、こういった印象を私は持っていました。

After hearing about the terrible terrorist attack in Paris, I started thinking more about the violence in the world and why it happens.

パリで起こった酷いテロリストによる攻撃のニュースを耳にして、世界の暴力について、そしてそれがどうして起こるのかより深く考え始めました。

Again, I am not sociology researcher.  So I don’t know the exact cause of the violence.  But I have some ideas.  And those, to me, are unfairness, injustice, loneliness, emptiness, hopelessness, what is depicted in the song.

私は社会学の研究者ではないので、暴力の正確な起源はわかりません。でもおおよその考えはあります。そして私から見るとそれらは不公平、不正義、孤独、空虚、絶望のような気がします。この歌で描かれているものです。

The world now feels like “a hard rain’s a-gonna fall”  A chain of violence.

世界は今、「酷い雨が降り出しそう」な感じです。暴力の連鎖。

Experiencing this awful reality of the world, this blue eyed son can become someone who would spend all of his time in front of computer writing negative things of others in the internet and fueling into more violence in the world.  If something went wrong and extreme, he could become a desperate terrorist or school shooter.  He could start the hard rain himself.

この酷い世界の現実を経験して、この青い目のかわいい子は、自分の時間の全てをパソコンの前で過ごし、ネットに他人の悪口を書き綴り、世界の暴力の火に油を注ぐような人間になったかもしれません。もし何かの間違いが極限までいってしまったら、彼は自爆テロリストになったり、無差別殺人をするような人になるかもしれません。 彼自身が酷い雨を降らせたかもしれません。

I could have become the one.

自分もそうなっていたかもしれません。

The last verse starts by asking another question to the “blued eyed son

And what’ll you do now, my blue-eyed son?
And what’ll you do now my darling young one?

この曲の最後になる5番も、またこのかわいい青い目の子への問いかけから始まります。

これからどうするの 青い目の我が息子
これからどうするの 私のかわいい子

And fortunately, the blue-eyed son answers to the question

I’m a-goin’ back out ‘fore the rain starts a-fallin’

そして幸いなことにこの青い目のかわいい子はこう答えます。

雨が降り出す前にまた出かけるよ

And he again starts describing the world he is going back into.  But he makes a strong statement of what he will do there.

And I’ll tell and speak it and think it and breathe it
And reflect from the mountain so all souls can see it
And I’ll stand on the ocean until I start sinkin’
But I’ll know my song well before I start singing

そして彼はまた彼が出かけようとしている世界について語り始めます。しかし彼はそこで何をするのかという力強い意思を表します。

そこで僕はこれらを人に話し、伝え、考え、その空気をしっかり吸い込むのさ
そして山の上からそれらを伝える 全ての魂がそれを見えるように
そして自分が沈むまで海の上に立っているさ
でも自分が歌わなければならない歌は、歌い始める前から良くわかってるよ

As a person, a father, a teacher, and a music therapist, I feel that I have to be “a-goin’ back out ‘fore the rain starts a-fallin'”.  I feel that I should start from where I am now, to breathe with the young souls and reflect what we can do to make the world a little better place, before they get consumed by the world’s unfairness, injustice, loneliness, emptiness, and hopelessness, which seem to me as one of the cause of violence.

一人の人として、父親として、先生として、また音楽療法士として、「雨が降り出す前に出かけなければ」ならないと思っています。今いる場所で、若いと一緒にそこの空気をしっかり吸い込み、そしてこの世界を少しでもより良い場所にするためにできることを伝えながら。彼らが暴力の根源の一つに考えられる世界の不公平や不正義、孤独、空虚、絶望に飲み込まれてしまう前に。

Please refer to the entire lyrics of the song in the link below.

http://www.azlyrics.com/lyrics/bobdylan/ahardrainsagonnafall.html

この曲の歌詞の全部の内容については、下記のリンクをご覧ください。

http://blogs.yahoo.co.jp/kosi0810/46681777.html

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

デリオ博士について (About Dr. Dileo)

先日のブログで、テンプル大学日本校で音楽療法の博士号課程が提供されるという話をしました。

In my last blog, I talked about the full Ph D program in music therapy being offered at Temple University Japan (TUJ).

今日はそのプログラム統括責任者であるシェリル・デリオ博士について紹介しましょう。

Today I will talk about Dr. Cheryl Dileo, Coordinator PhD Program in Music Therapy.

デリオ先生の音楽療法に関する造詣の広さと深さには、いつも驚かされます。

Dr Dileo’s knowledge in music therapy is so deep and wide that it always impresses me.

9月の初めに視察でアメリカに行った時もそうでした。私は武庫川女子大学の松本先生のお供として、アメリカの矯正施設における音楽療法プログラムを視察することになっていました。

I was impressed with her wealth of knowledge in the field of music therapy when I saw her last time in September when I visited the US.  I was there to escort Dr. Matsumoto of Mukogawa women’s university to observe music therapy programs at correctional institutions in US.

最初の視察地は、私がインターンを行ったペンシルベニア州の刑務所だったのですが、そこを訪れる前に、テンプル大学本校のデリオ先生を表敬訪問しました。

The first observation site was going to be the prison in Pennsylvania, where I interned.  Before the observation, we paid a courtesy visit to Dr. Dileo at Temple University main campus.

松本先生を紹介し、今回の視察旅行の目的を説明すると、デリオ先生は、「刑務所の音楽療法ということであれば、〇〇知ってる?」「刑務所でも発達障害のある受刑者が対象ということであれば、ニュージャージーに〇〇がいる」「イギリスの〇〇が今度刑務所における音楽療法に関する本を出版する」…などと、次々にその領域に関係している音楽療法士を、アメリカのみならず世界中から、しかも最新の情報として紹介してくれました。

When I introduced Dr. Matsumoto and explained the purpose of our visit to the US, Dr. Dileo started talking about various music therapists in the field of correctional music therapy to us, not only from America but also from all over the world, with up-to-date information.  It was like “If are interested in MT at correctional setting, specifically for those who have developmental disability, there is a music therapist in New Jersey ….”, or “The book about correctional music therapy is going to be published by the British music therapist …”, and  so forth.

そしてすごいのが、デリオ先生はその人達みんなを個人的に知っていたということでした。「〇〇は私の親友」、「私は〇〇の指導教官だった」という感じに。

And what I was most impressed was that she knows them all in person!  She said like “… and (the therapist) is a good friend of mine” or “… and I taught her (the therapist)”.

それにもかかわらず、それを自慢することもなく、常に優しく敬意を表してくれます。

Still, she never brags about all she has.  She is very gentle and always pays respect to us.

私はデリオ先生から様々なことを学ぶのを楽しみにしています。デリオ先生について詳しく知りたい方は、こちらのリンクからどうぞ。そしてもし興味のある方は、博士号にチャレンジすることをお勧めします。

http://www.temple.edu/boyer/about/people/cheryldileo.asp

I am really looking forward to learning from her!  If you would like to know more about her, please visit the link below.  And if you are interested, I encourage you challenge the Ph D at TUJ.

http://www.temple.edu/boyer/about/people/cheryldileo.asp

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

日本で音楽療法博士になれます(You can earn American Ph D in Music Therapy in Japan!)

久しぶりの投稿です。

突然ですが、日本でも音楽療法の博士号を取得することが可能ということはご存知でしたか?

Did you know that you can earn Ph D in Music Therapy in Japan?

アメリカにおいて数多くの著名な音楽療法実践家、理論家、研究者を輩出している音楽療法の名門校テンプル大学という学校がペンシルベニア州のフィラデルフィア市にあります。この大学には、日本校があります。

Temple University, prestigious school in American music therapy that created many fine music therapy practitioners, theorists and researchers, has a branch in Tokyo Japan.  And they are launching the Ph D course in Music Therapy at Temple University Japan (as know as TUJ).  Please refere to the link below for the actual information.

http://www.temple.edu/boyer/academicprograms/music-therapy/index.asp#PhDMT

そしてこの度、そのテンプル大学日本校において、音楽療法の博士号課程が提供されることになりました。音楽療法博士号課程にある授業が取れるというレベルではなく、博士号課程そのものが提供されるということです。つまり日本に居ながらにして、テンプル大学本校と全く同じ教育が受けられ、修了後には博士号を取得できるということです。教員もフィラデルフィアの本校から派遣されて来ます。

札幌で先日行われた日本音楽療法学会に参加された方は、要旨集裏表紙の裏面の広告を見てご存知の方もいらっしゃるかもしれません。詳しくは下記のリンクでご確認ください。

http://www.temple.edu/boyer/academicprograms/music-therapy/index.asp#PhDMT

とは言え、教員は本校での指導もありますので、この博士号課程は集中講義とオンラインによる指導という形態をとります。これは実際にこれまでもフィラデルフィアの本校において行われているもので、既に仕事のある人でも、こなせる様に配慮がなされた形になっています。

The Ph D courses consist with intensives and online learning, just as same as what they offer in Philadelphia main campus.  It is arranged in the way that those who have full time position can manage.

実は私はこの博士号課程に挑戦する予定です。アメリカに居る間に博士号の受験を終え合格していて、入学を延長していました。この日本校における博士号課程開講までの過程で、様々な助言をしてきました。その助言も叶い、集中講義は、出来るだけ仕事に穴を開けない様に、ゴールデンウィーク期間にして貰いました。下記のスケジュールで授業が行われます。

I am going to challenge this Ph D program.  I have been accepted to the program before I began my current job and have postponed the admission.

Below is the schedule of the courses offered during intensive, which I acquired from Dr. Dileo, the Coordinator PhD Program in Music Therapy.

テンプル大学日本校 Temple University Tokyo

2016年夏学期 音楽療法コース Music Therapy Courses offered Summer, 2016

音楽教育9641 (講師:デリオ博士、1単位)博士セミナー Music Education 9641 (Dileo 1 cr.) Doctoral Seminar

音楽教育8602 (講師:デリオ博士、3単位)量的研究 Music Education 8602 (Dileo 3 cr.) Quantitative Research

音楽教育8618 (講師:デリオ博士、2単位)音楽と医療:生物心理社会的基礎 Music Education 8618 (Dileo, 2 cr.) Music and Medicine: Biopsychosocial Foundations

授業時間:午前9時から午後4時まで Times for all classes are: 9:00 to 4:00

4月25日(月)から4月28日(木) 量的研究 (修士号博士号課程混合授業)

From Monday April 25​ to Thursday April 28​ Mus Ed 8602 Quantitative Research (Master’s or PhD students)

4月29日(金)から4月30日(土)音楽と医療 (修士号博士号課程混合授業)

From Friday April 29 to ​​Saturday April 30 Mus Ed 8618​Music and Medicine (Master’s or PhD Students)

​5月1日(日)博士号セミナー(博士号課程のみ)

On Sunday May 1 ​​Mus Ed 9641​Doctoral Seminar (PhD Students Only)

9641番のみ、博士号課程の授業で、他の二つは博士号課程の必修科目です。

これらのコースが開講されるには、一定数の受講が必要になります。もし興味があるという方は是非担当のデリオ博士に連絡を取ってみてください。cdileo@temple.edu

For these courses to be offereed, certain number of enrollment is needed.  I encourage you to contact Dr. Dileo if you are interested in the program.  It is a great opportunity for Asian music therapist to gain more expertise in music therapy while being close to home.   All the courses are offered in English.  Here is her email address.

cdileo@temple.edu

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加